たまにはBGMのお話でも【瀬尾さちこ】

こんにちは。Aimoku presentsライフアップ(日曜・午後6時〜)の、瀬尾さちこです。

いろんな番組で、パーソナリティがお話ししている後ろでさりげなく流れてるBGMって、気になったりしませんか?
番組内でかかる曲と同じように、BGMもパーソナリティ自身が選曲してたり、ディレクター(ミキサー)さんが選曲してたり、二人で選曲してたり、番組によって色々だったりします。

Aimoku presentsライフアップに関しては、すべての曲が私の選曲です。
BGMを決定するまでには、番組で実際に使っている曲の倍くらいの数を候補に出して、ディレクターさんと相談して決めるんですけどね。

Aimoku presentsライフアップ内で使っているBGMを、ご紹介します!
「夕暮れから夜にかけて、リラックスして過ごせるような曲を」というようなコンセプトで、ジャズ系の音楽を中心に選んでいます。

まずは、オープニング。
Thelonious Monkの「Just You, Just Me」。

セロニアス・モンクは、1982年に亡くなった、アメリカのジャズピアニストです。
村上春樹さんのエッセイ『セロニアス・モンクのいた風景』の中で、「彼の音楽は~何かすごいもの、理解しがたいパッケージをテーブルの上にひょいと置いて、一言もなくまたふらりと姿を消してしまう「謎の男」みたいだった」と記述されているセロニアス・モンク。
音と音の微妙な間も、ほどよい甘さと朴訥さを生み出しているように思います。
大好きなジャズピアニストです。

続いて、ゲストコーナー。小林創の「When You’re Smilin’」。
(「When You’re Smilin’」の動画が見つからなかったので、ライブ風景を)

小林創さんは、ジャズピアノ&オルガン奏者。
大橋トリオさんや柴崎コウさん、星野源さんなどのライブやレコーディングのサポートをしていらっしゃったり、映画「めがね」のサウンドトラックではピアノソロも。
大橋トリオさんのライブで、生で小林さんのピアノを聴いた時には、小林さんに弾く一音の響きにも鳥肌が立ちました。

続いて『住んでみるなら』のコーナ。ここで使っている曲は、グッドラックヘイワの「てくてく様」。
(これも「てくてく様」の動画が見つからなかったので、ライブ風景を)

ドラムの伊藤大地さんとキーボードの野村卓史さんによる、インストバンドです。
俳優でミュージシャンの浜野謙太さんや星野源さんも所属していたバンド、元SAKEROCKのメンバーで、SAKEROCK解散後に結成されたバンド。
ライブでみると、お二人とも、本当に楽しそうに演奏されているんです。
楽しそうな感じが、音にもすごく出てるなぁって思います。

続いて、『Book to The City』のコーナー。
Tommy Flanagan With Kenny Burrelの「Bluebird」。

生涯に4度もグラミー賞にノミネートされたという、アメリカのジャズピアニスト、Tommy Flanaganと、その幼馴染のギタリストKenny Burrel。
スウィングとブルージーが同居する演奏は、夕暮れ時に聴くととっても心地よくって、コーヒーもお酒も似合いそうです。

続いて、『イベントピックアップ』のコーナーで使っているのは、トラックメイカーでMPCプレイヤーのSTUTSの「Paradise (Ever Green)」。
(「Paradise (Ever Green)」の動画がなかったので、街頭で演奏している動画を)

 

STUTSさん、フェスやライブで何度か演奏を見たことがあるんですが、リズムの神様がのりうつったんじゃないかってくらい、すっごくかっこいいです!
演奏されていないときは、とっても笑顔がチャーミングな好青年。
名古屋出身なんだそうです。

続いて『くらし歳時記』のコーナー。
Senri Oeの「House Keeping」。

1980年から1990年代にかけて、「十人十色」や「夏の決心」など、ニューミュージックの先端にいた、大江千里さんの曲です。
2008年にはニューヨークに渡って、現在はジャズピアニストになっていらっしゃるんですよね。
この曲は「Spooky Hotel」というアルバムに収録されているんですが、アルバム1枚、通しで聴くと、映画を一本観たような、ストーリー性を感じる作品です。

最後に、番組のエンディングで使っている曲。
Avishai Cohen & Nitai Hershkovitsの「All Of You」。

現ジャズ界の頂点に立つと言われている、イスラエル出身のジャズベーシストAvishai Cohen。
「All Of You」は、1954年にコール・ポーターが作曲した音楽で、ビル・エヴァンスやマイルス・デイヴィスなどにもカバーされている、ジャズの定番にもなっている曲。
アヴィシャイ・コーエンの演奏するこのバージョンは、軽やかさと奥行きの両方を感じられる、名曲だと思っています。

Aimoku presentsライフアップでは、こんな曲をBGMに使っています。
どの番組もですが、普段は曲名も紹介しないBGMにも、実は名曲が色々と使われています。

ぜひ、番組のBGMにも耳を傾けてみてくださいね!

さてさて、10月から始まる「住まいづくりの手帖」では、どんな曲をBGMに使いましょうか。。。
今、鋭意選曲中です!